おな禁するとモテるようになる!?その理由を徹底解説

☆☆☆☆☆
評価:4.1-378

 

 

おな禁とは自慰行為であるオナニーを自らの意志によって禁止することであり、そうすることで自慰行為によるマイナス要素を廃除しおな禁によるプラス要素を手に入れるという行為となります。自慰行為をしている場合としていない場合では外見や内面的にも大きな違いが生じることになり、おな禁をすることにより今までモテなかった人もモテるようになることが出来ます。何故おな禁を実践することでモテるようになるのかと言えば、自慰行為をした場合としない場合とでの体内の男性ホルモンの分泌などに違いが明確に現れるためです。

 

おな禁がモテる理由を詳しくご紹介します。

 

男性ホルモンは多すぎても少なすぎても良くない

男性の場合、基本的に男性ホルモンにより男らしさを保っていることになるわけですが、この男性ホルモンは多すぎても少なすぎても体に対し何かしらの問題を生じさせてしまうことになります。男性ホルモンが少なすぎる場合には女性ホルモン優位になるため男性らしさが失われてしまいますし、精神的にもネガティブな思考に陥りやすくなります。

 

これは男性ホルモンが気分の高揚を司っているためで、男性ホルモンが著しく減少することで気分的に落ち込みやすくなり自信を喪失しやすくもなります。これは運動をするなどすることで男性ホルモンを多く分泌させることが出来るので意外と解消するのが簡単なのですが、問題は男性ホルモンが多すぎる場合です。

 

毎日のオナニーが男性ホルモンの分泌に影響する

オナニーを毎日のように行っている人の場合、通常よりも性欲が強いと言うことが考えられますし、それによる男性ホルモンの分泌量が増加していると言えます。この状態は男性らしさがアップすることになるので一見良いと思いがちですが、多すぎる男性ホルモンは体の無駄毛を増やすことになりますし、それと同時に頭髪の減少、抜け毛の増大にも繋がるもろ刃の剣という側面があります。男性の場合誰もが5αリアクターゼという酵素を生まれながらにして頭皮に持っており、それが男性ホルモンと結びつくことで抜け毛を増やす悪玉男性ホルモンに変化してしまいます。そうなると一気に抜け毛が増えて薄毛が進行することになり、頭髪は薄いのに体毛やヒゲは濃いといった最もモテない状態に近づくことになります。しかしおな禁を行うことでこの状態を解消することになるので、モテない状態からモテる状態へ改善することが出来ます。

 

おな禁でなぜモテるのか?

おな禁を行うことは必要以上に男性ホルモンを分泌させず適度なホルモン分泌を維持することに繋がります。これは男性らしい体を維持しながら薄毛を防止し無駄毛を増やさないことにも繋がるので見た目が大きく変化することになります。それだけでなくおな禁することで精子を外に出すことが無くなるため、体に必要なたんぱく質を留めることにもなります。

 

精子を貯めることで見た目にも変化が

精子として体外に出ていたたんぱく質が留まることで肌の状態も改善することが出来、いつもよりも綺麗な肌に変化していくことになります。肌荒れなども改善しますし、男性ホルモンの分泌が増加しなくなるのでヒゲ剃りなどで肌が荒れるということも少なくなります。それと同時に目にも大きな変化が現れることになります。

 

オナニーのし過ぎで疲労が蓄積される

オナニーを定期的に行っている場合、実は相当な疲労を抱えていると言えそれが目に現れやすくなります。疲れている人の目は見た目にも疲れていることが伺える精気の無い目をしていますが、おな禁を開始すると無駄な疲労が無くなるため目に精気が戻ることになります。目がキリッとしていると見た目の印象も大きく変わりますので、モテる要素が増えることにも繋がります。そしてオナニー疲れが抜けることで体も元気になるので、毎日がはつらつとした状態で送ることが出来るようになります。

 

おな禁で疲れずにはつらつとした男性になれる

モテる男性は見た目だけでなく常に元気に明るくアクティブに行動しているといえますので、おな禁するだけで誰でもその状態を意図的に作り出すことが可能になるわけです。そしてそれは精神的にも変化を及ぼすことになり、今まで我慢できなかった自慰行為を我慢できたということが自信にも繋がりますので、その自信が表面的にも見て取れるようになり魅力的な男性に変貌することになります。精神的な成長は男性としてのレベルアップにもなるので、おな禁することでモテるための要素を満たすことになるでしょう。